それから

アクセスカウンタ

zoom RSS 南仏からパリへ スケッチの旅 (8)

<<   作成日時 : 2012/11/23 05:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 8月25日(土)
 モンマルトルへ、パリも今日が最後です。ナシオンで地下鉄2号線に乗り換える、地下鉄といってもこのルートは殆ど地上の高架を走るので車窓からパリの朝の情景を眺めることがでます。アンヴェールで下車丘への道をサクレクレール聖堂を目指して歩く。いつか来た道、モンマルトルへはいつもこのルートですやがて白い聖堂が見えてきます。ケーブルは使わずにゆっくり歩いて上っていく。
 
 画像

 画像



























 ポンピドーセンターへ、パリの3大美術舘のひとつですからどうしても足が向きます。5,6,7階の国立美術舘は広いギャラリーに大家の大作を数多く展示していてみごたえがあります。このポンピドー芸術文化センターはパリの市内における最も新しいハイテク建築として作られたものですが、見方によっては見本市の仮設ホールかコンビナートの工場のようです。実際裏へ回ってみるとメンテナンスが行届かず倉庫建築のようでした。

 画像





パレ・ロワイヤルとパサージュ  ガルニエからラ・ファイエットへ

 日本食を、10日もたつと日本食がこいしくなってくる。ちょうどガルニエの周辺には日本食レストランのある通りがある。いくつかを物色してみるが似たり寄ったりでした。いずれもそう変わらないだろうと思って入った店では期待したほどの味は得られませんでした。どうやらこの店は食材は日本のものらしいのですが、従業員は日本人ではないようでした。

 いつものことながら旅先で苦労するのが食事です。特にフランスではメニューが読めないので戸惑います。朝食と昼食は特段困ることもないのですが高級レストランのディナーはお手上げです。それにしてもヨーロッパを旅行して何がおいしいかといえばそれはやはりパンでしょう、たかがパンと思って食べますが噛み締めたときの味は日本ではなかなか味わえないものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南仏からパリへ スケッチの旅 (8) それから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる