それから

アクセスカウンタ

zoom RSS 北フランス スケッチの旅(7)

<<   作成日時 : 2005/08/27 19:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 6月19日(日)
 グレ・シュル・ロワンの大失敗。

 今回の旅も残りあと2日です。明日の最終日は日曜日を避けてモン・サン・ミッシエルにまわして今日はパリ近郊のグレ・シュル・ロワンへでかけました。わが国の洋画の黎明期を支えた浅井忠が愛した村が当時のままの姿でそこにあるというので期待していったのです。
 この方面へのSNCFローカル線はリヨン駅から出ます。7時17分発モンタージュ行でモレットに8時03分について、1時間待。(日曜ダイヤはそんなものです)普通列車に乗り換えて無人のグレの駅に到着しました。ここまでは順調でした。
 しかしそこからがいけません。多分そのあたりだろうと見当をつけて歩き始めたのです。30分あまりも歩いて、グレの村はと尋ねると別の方向に来ているというのです。そして近いのはこちらからとおしえられてまた歩き始めました。しかし一向にそれらしい場所には行き着きません。この日はパリで30℃あるとかで特別暑い日でした。途中で何度か尋ねたのですがどうも要領を得ません。時間はどんどん過ぎてしまって、数枚のスケッチを目論んでいたのですがとてもそんな気になれず2人ともものをいうのも億劫になってついに足を投げ出して帰ることにしました。グレの駅には昼過ぎに
ついたのですが体中から噴出した汗でぐっしょりリックの中まで汗でした。
 これは大変貴重な経験になりましたでした。徒歩で訪ねるところは必ず下調べを十分にしておくべきで、駅の売店などにおいている近郊の地図を求めておくべきでしょう。
 それにしてもどうしてこんなことに生ったのか、いまだに納得がいきません。
(つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北フランス スケッチの旅(7) それから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる