それから

アクセスカウンタ

zoom RSS 北フランス スケッチの旅(8)

<<   作成日時 : 2005/08/27 20:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
 6月20日(月)
 いよいよ今日は今回の旅の最終目的地モン・サン・ミッシエルです。

 あまりにも有名なフランスの世界遺産のひとつです。パリの西方約300kmにあるのですがフランスの新幹線TGVを利用するとパリからの日帰りがた易く可能でした。
 出発駅はモンパルナス駅です、これで今回の旅行ではパリの主要なターミナル駅を4箇所利用したことになります。明日の北駅を入れると6箇所あるうちの5箇所を利用します。パリのターミナル駅はそれぞれに雰囲気があって旅先への旅情をかきたててくれます。
 今日のTGVだけは日本から指定席を予約しておきました。(現地で予約をとったほうがかなり安いのですが)モンパルナス駅発7時05分、ホテルの朝食は断って地下鉄に乗り込む。まだ早いせいか空いていました。モンパルナス駅は近代的な施設でTGVは上層階から出発します。空港のようなロビーの案内板で乗車のホームを確認して列車へ、その前に指定席券を刻印機に通します。これを怠ると検札のときに罰金です。
 ここでまた気のもめることがおきました、昨日パリで30℃を体験したので今日はTシャツ1枚の薄着で出かけてきたのです。発車してしばらくたつと一等車の冷房がよくきいていて寒くて困りました。
レンヌへ9時08分着、約2時間です。レンヌは薄曇りで風が強く肌寒いのが気になり、このさきどうなるかと心配になってきました。バスターミナルから9時30分のバスでモン・サン・ミッシエルへ向かいます、今日の日帰り客らしき乗客の中に日本からの熟年のカップルが2組ありました。バス約1時間30分、11時頃到着です。果たしてバスの外はと心配したのですが、浜風は思いのほか暖かく胸をなでおろしました。ヨーロッパの天気はフランスに限らず1日の中でも猫の目のように変わるのです。これを考えて対処したいものです。
帰りのバスまで約4時間あります。先ずはこの奇怪な海中の岩場に浮かんだ修道院を探検するような気持ちで頂上まで登っていきました。細い迷路のような参道には観光客がびっしりと歩いていました。頂上からは四方が見渡せるのですが遠浅の海と荒涼とした陸地であまり感動はありませんでした。ここで私たち二人はなればなれの迷子になってしまいました。
 スケッチの時間を考えて入り口まで降りて正面から描くことにしました。依然として風が強いのですが、バスの陰に座って1枚、岩陰に座って1枚、あと風を受けながら1枚と3枚描き上げました。風のせいで刻々と変わる雲の表情が面白くて思わず筆運びが進んだようです。スケッチの途中で2人の再会が果たせましたので、 参道へもどって遅い昼食を名物の大型オムレツでと期待して出かけて行きました。ところが席を確保して注文はしたのですがどういうわけか一向に持ってきません。バスの出発時間がどんどん迫ってきて、ついにお手上げでした。なんともうらめしいオムレツでしょうか、ビール代をテーブルに叩きつけて店を出ました。
 パリへは19時10分に帰りました。今日はオムレツを除けば充実した1日でした。
(つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
北フランス スケッチの旅
このブログでお馴染み?の恩師のブログです。 ...続きを見る
とりあえず
2005/09/15 21:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北フランス スケッチの旅(8) それから/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる